特定社会保険労務士のトウジョウヒューマンリソースマネジメント 就業規則・給与制度・労働、社会保険手続代行、外国語対応(英語・中国語)

English中文

NEWS news

トップNEWS > News Letter 平成28年度の健康保険料・介護保険料の変更について

News Letter 平成28年度の健康保険料・介護保険料の変更について

1.平成28年3月分(4月納付期限分)より政府管掌保険の健康保険料率が変更されます。

 

<健康保険料率>
【大阪】
〔現行〕 10.04%  (従業員:5.02%) (事業主:5.02%)

〔改定後〕10.07%  (従業員:5.035%)(事業主:5.035%)

 

【兵庫】
〔現行〕 10.04%  (従業員:5.02%) (事業主:5.02%)

〔改定後〕10.07% (従業員:5.035%)(事業主:5.035%)

 

【愛知】
〔現行〕  9.97% (従業員:4.985%)(事業主:4.985%)

※愛知は、保険料率に変更はありません。

 

(注)給与計算においては、4月控除分健康保険料から変更となります。(社会保険料を翌月控除している場合)

 

<介護保険料率> 変更はありません。
1.58% (従業員:0.79%)(事業主:0.79%)

 

 

2.平成28年4月分(5月納付期限分)より健康保険・介護保険の等級が追加されます。
政府管掌保険の健康保険については、新等級に該当する被保険者の方がいる事業主に対して、年金事務所より「標準報酬改定通知書」が送られます。(改定に関して、特に届出は不要です。)

 

【追加される等級】
・48等級 (標準報酬月額) 1,270,000円 (報酬月額) 1,235,000円以上 1,295,000円未満
・49等級 (標準報酬月額) 1,330,000円 (報酬月額) 1,295,000円以上 1,355,000円未満
・50等級 (標準報酬月額) 1,390,000円 (報酬月額) 1,355,000円以上

(注)給与計算においては、5月控除分健康保険料・介護保険料から変更となります。(社会保険料を翌月控除している場合)前記の健康保険料率改定の1ヵ月後になりますので、ご注意下さい。

 

 

3.平成28年4月より健康保険の標準賞与額の上限が引き上げられます。
平成28年4月1日以降に支給される賞与から適用されます。毎年4月1日から翌年3月31日までの賞与の累計額がこの上限に達するまでの部分について、健康保険料・介護保険料の負担が必要となります。

〔現行〕 年間540万円

〔改定後〕年間573万円