特定社会保険労務士のトウジョウヒューマンリソースマネジメント 就業規則・給与制度・労働、社会保険手続代行、外国語対応(英語・中国語)

English中文

メンタルヘルス

トップ労働問題相談メンタルヘルス > うつ病による欠勤休職時の処遇および保障

うつ病による欠勤休職時の処遇および保障

 一般的な会社においてうつ病を発生した社員さんの処遇は、以下のような流れとなることが多いようです。

 ただし福利厚生が充実している企業であれば、有給消化後もすぐに無給(欠勤控除)にしないことがあります。
 なお、もし業務上災害と認められ労災認定がされると、以下の流れではなく、医療費は全額無料となるほか、欠勤1日につき8割の額が支給されます。ちなみに現在精神障害の労災認定の審査期間は、平均8.6ヶ月程度かかっています。この間の審査待ち期間についても遡って労災から給付されますし、もし健康保険の給付を先に受けている場合は、健康保険に返金処理、労災から新たに給付を受けるという調整するということになります。

1 有給取得
有給休暇取得

【収入】100%給与支給。ただし通勤手当等は不支給になることが多い。
2 欠勤
欠勤日数が一定期間(または日数)に達するまでは欠勤
(就業規則に記載)

【収入】給与支払いはストップし傷病手当金を受給(1日につき標準報酬月額の3分の2の額 最長1年6ヵ月)
3 休職
有給消化後も出勤できず欠勤が一定期間に達した後は休職(休職期間は会社により短くて3ヶ月から長くて2年程度とマチマチ)。

【収入】給与支払いはストップし傷病手当金を受給(1日につき標準報酬月額の3分の2の額 最長1年6ヵ月)
4 退職
休職期間満了でも復職できない場合は退職

【傷病手当金受給期間終了後の収入】
初診日から1年6ヵ月経過後に治癒せず障害等級に該当すれば、原則として障害基礎年金および障害厚生年金を受けることができます。(しかしながら障害等級1級でも200万円程度しか受給できないケースが多いです。)