特定社会保険労務士のトウジョウヒューマンリソースマネジメント 就業規則・給与制度・労働、社会保険手続代行、外国語対応(英語・中国語)

English中文

アウトソーシングoutsourcing

トップアウトソーシング > 就業規則の作成

就業規則の作成

就業規則とは

 

  就業規則は、労働基準法第89条において、10人以上の事業場では必ず作成、労働基準監督署へ提出する必要があると規定されています。 なお、作成した就業規則を有効にするためには周知する必要があるため、変更時や新規作成時には、社員さんに回覧することをお勧めします。

 

 

オリジナルの就業規則の重要性 

 

 就業規則は、労働基準監督署で雛形が配布されていますし、無料でダウンロードできるサイトも数多くあります。それで充分ではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、就業規則は職場の単なるルールを定めたものではなく、労使間の契約書のようなものです。労使で争いが起こると、就業規則にどのように記載されていたかが重要なポイントとなりますし、また一度決めた就業規則を不利益に変更するには、労働者の同意を得る必要があります。こういったことからも、御社にあったオリジナルの就業規則をきちんと整備することがいかに重要かご理解いただけると思います。

 幣事務所では、雛形を右から左へお渡しするのではなく、時間をかけてきちんと条文をひとつずつ検討し就業規則を作成しております。このためお時間をいただきますがご了承いただきますよう、お願いいたします。

1 事前打ち合わせ
1.現状確認 (就業規則・36協定等各種協定書等確認)
2.作成スケジュールの確認
2 打ち合わせ(2回から3回程度)
面談にて、就業規則の各条文を検討の上作成いたします
3 社内回覧または社員説明会
就業規則の内容について説明会を開催、または社内回覧をします。大幅な改正の際など、ご要望に応じ、当方より社員向けに説明いたします
4 労働基準監督署への提出
意見書等、提出にあたり必要な書類を作成の上、就業規則を労働基準監督署に提出いたします。