労働基準監督署の調査・是正勧告対応

労働基準監督署の調査は甘くない

労働基準監督署の調査および是正勧告を、甘く見てきちんと対応しないと最悪送検・起訴されてしまいます。当方にご依頼いただければ、監督官の指導に従うべき点については真摯に対応し、そうではなく主張しなければいけない点が資料など用意の上、御社の言い分をしっかりと主張します。

想定される指摘事項を事前にリストアップいたします。

事前にどのような指摘を受けるのか想定できることで、調査当日落ち着いて対応することができます。残業代の未払などは監督官の指摘から1か月程度で急いで対応しなければならないこともありますが、事前に想定することで対応策を検討する時間を多く取ることができます。

一般的な調査項目

①労働時間管理(出勤簿等を確認)
②未払残業の有無(賃金台帳を確認)
③健康診断受診義務(健康診断結果報告書を確認)
④就業規則記載内容(有給休暇等)
⑤雇用契約書の交付
⑥36協定書等の各種協定

【報酬額】

原則として従業員が30人以下で5万円  (顧問先様)
〃         10万円~(スポット契約)

なお、提出資料がほとんどない場合等で、資料の作成準備に手間がかかる場合は、上記の額に更に加算をお願いすることがあります。その場合は必ず事前にお見積額を提示させていただきます。